,

沿  革

 当社は、仙台港湾地区と内陸部を結ぶ物流を担うため、日本国有鉄道(現 日本貨物鉄道株式会社)、宮城県及び進出企業の共同出資により、昭和45年11月会社を設立し、昭和46年10月、既設工業地及び新設東北石油株式会社仙台製油所(現 ENEOS株式会社)の貨物輸送に対応するため、東北本線陸前山王駅と仙台港駅を結ぶ4.2q及び仙台港駅・仙台北港駅間1.2qの営業を開始いたしました。

 その後、公共埠頭の建設にあわせ昭和50年 9月仙台港駅・仙台埠頭駅間1.6qの営業を開始し、更にキリンビール株式会社仙台工場の仙台港地区進出に伴い、昭和58年 4月から仙台港駅・仙台西港駅間2.5qの営業を開始いたしました。

 石油、ビールの輸送を基本にしつつ、平成 3年 4月から宮城野駅(現 仙台貨物ターミナル駅)における業務を、また平成8年12月から陸前山王駅における業務を日本貨物鉄道株式会社から受託する一方、平成10年4月から国際海上コンテナの輸送を開始いたしました。

 平成23年 3月11日に発生した「東日本大震災」により甚大な被害を受けましたが、平成23年11月25日キリンビール株式会社仙台工場より鉄道輸送を再開し、平成24年 3月13日には仙台埠頭駅から東日本旅客鉄道株式会社等のレール輸送、3月19日には仙台港駅からコンテナ輸送の再開。そして、平成24年 9月 7日には仙台北港駅から、現在のENEOS株式会社仙台製油所より石油製品の鉄道輸送が再開して、全線復興することが出来ました。

 また、平成30年 5月からは、西濃運輸株式会社の31ftコンテナ輸送を開始し、新たな展開を図りながら地域の経済発展に寄与できるよう努力しております。

                                                               





会社概要


会社名    仙台臨海鉄道株式会社

設 立    昭和45年11月 7日

本 社    〒983-0001

       仙台市宮城野区港四丁目11番2号(所在地)

       022-258-5211(代表)

資本金    7億2,000万円

社員数    72名(令和3年6月16日現在)

事業内容
営業キロ    9.5km

取扱駅     仙台港駅、仙台北港駅、仙台埠頭駅、仙台西港駅

機関車数    4両


輸送量     765千トン(令和2年度実績)


役  員
(令和3年6月16日現在)



代表取締役社長    但野  新二


常務取締役      三浦  義博


常務取締役      田村  俊一


取締役        奥田   仁

           橋   顕

           佐野  好昭

           櫻井  雅之

           菅原   祥

           渡邉 康太郎

           荒川  辰也

           植木   克



監査役        小西   昭

           佐藤  靖彦

           日名子  涼



組織図
(令和3年6月16日現在)









    定款 





財務諸表




    決算公告(会社法第440条第3項に基づく措置)


   
   第51期 (R 2. 4. 1〜R 3. 3.31)


   
   第50期 (H31. 4. 1〜R 2. 3.31)


   
   第49期 (H30. 4. 1〜H31. 3.31)


   
   第48期 (H29. 4. 1〜H30. 3.31)


   
   第47期 (H28. 4. 1〜H29. 3.31)


   
   第46期 (H27. 4. 1〜H28. 3.31)


   
   第45期 (H26. 4. 1〜H27. 3.31)


   
   第44期 (H25. 4. 1〜H26. 3.31)